FC2ブログ
プロフィール

二郎

IT業界に努めるサラリーマンが
興味を持ちそうな記事を中心に
まとめています。

どうぞよろしくお願いします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

相互RSS

【保険】LINEと損保ジャパンが保険販売 1日100円から、最短60秒で契約

2018/10/17 09:36:33 | ビジネス | コメント:0件
1 :田杉山脈 ★ :2018/10/16(火) 22:51:15.87 ID:CAP_USER.net
無料通信アプリのLINE(ライン)と損害保険ジャパン日本興亜は16日、スマートフォンのLINEアプリで損害保険に加入できるサービス「LINEほけん」を始めた。台風や野外フェスティバルなどさまざまな場面で、1日単位で保険料100円から加入でき、最短60秒で契約できるのが売りだ。両社はスマホを通じて保険離れが進む若者の需要を取り込む。LINEは金融サービス強化を掲げており、証券投資や仮想通貨などにも参入する。

 LINEほけんの加入には、LINEアプリで利用できる送金・決済サービス「LINE Pay(ラインペイ)」の登録が必要で、保険料もラインペイで払い込む。サービス開始キャンペーンとして、スマホの破損事故に備える「スマホのおまもり」、自転車事故に備える「自転車のおまもり」など3種類の保険を12月12日までの期間限定で無料提供(条件付き)している。

 出沢剛社長はサービス開始前、取材に対し「保険は入りたいと思ったときにしか入らないので、1日数百円の保険で金融との自然な出会いを作りたい。金融や投資になじみのなかった人と金融サービスの自然な出会いをLINEが作っていく」と抱負を語った。
https://www.sankeibiz.jp/business/news/181016/bsb1810162023007-n1.htm


続きを読む

【IT】Swiftがトップ10入り、Pythonは3位から4位へ--10月TIOBEの人気言語ランキング

2018/10/16 09:57:40 | IT | コメント:0件
1 :田杉山脈 ★ :2018/10/15(月) 20:38:17.17 ID:CAP_USER.net
TIOBEの人気プログラミング言語インデックスの最新版で、iOSアプリの開発に使われるAppleのプログラミング言語Swiftが10位にランクインした。一方で、Pythonは上位3言語から外れている。

 PythonがTIOBEのランキングでトップ3に入ったのは9月のことだ。Java、Cに続いて3位となったが、10月のランキングではC++に越されて4位と順位を下げた。それでも前年の10月は5位だったことを考えると、Pythonの人気は上昇している。

 TIOBEはGoogle、Bing、Wikipediaなど複数の検索ソースからの情報をもとに、どの言語が最も人気かを決める。

 同じくプログラミング言語の人気度を測定するPYPL PopularitY of Programming Language Indexでも、Pythonの人気の高さは実証されている。10月のランキングで、Pythonは最も人気のある言語となった。PYPL PopularitYでは、Google Trendsのデータをもとに順位を決めている。

 TIOBEとPYPL PopularitYはともに、プログラマーがどの言語に時間を投資するのかの決定を支援することを目的としている。

 TIOBEの上位10言語は、Java、C、C++、Pythonに続き、Visual Basic .NET、C#、PHP、JavaScript、SQL、そしてSwiftである。PYPL PopularitYの順位は、Pythonを筆頭に、Java、JavaScript、C#、PHP、C/C++、R、Objective-C、Swift、Matlabと続いている。

 TIOBEによると、ここ数カ月、10位の座は入れ替わりが激しいという。RubyやPerlが候補の常連だったこともあるが、このところはSwift、GoogleのGo、統計解析で用いられるMicrosoftのRが多いという。

 一方で、「Swiftは、iOS向けのモバイルアプリ開発で用いられるプログラミング言語としては、間違いなくナンバー1だ。しかし、SwiftはiOSアプリの開発だけに対応し、Android向けではないため、開発者は『一度書けばどこでもディプロイできる』フレームワークに移行しつつある」とTIOBEは述べている。

 TIOBEは合わせて、この1年の平均順位をベースとしたプログラミング言語の長期的な順位も公開している。ここでの上位5言語は、Java、C、C++、Python、C#であった(TIOBEは、SQLがチューリング完全言語とみなされるとして、2018年2月からランキングの対象に含めるようになったため、2017年のデータはない)。
https://blog-imgs-113-origin.fc2.com/o/u/g/ougijirou/_tiobeoct2018languagerankings.jpg
https://japan.zdnet.com/article/35126979/


続きを読む

【IT】日本のIT投資 不足深刻 25年、システム6割が老朽化

2018/10/15 18:26:19 | IT | コメント:0件
1 :ムヒタ ★ :2018/10/14(日) 05:45:25.62 ID:CAP_USER.net
日本企業のIT(情報技術)投資が足りない。新しい製品やサービスをつくるためのシステム投資は鈍く、限られた投資の大半が古いシステムの保守や点検にまわっている。経済産業省は2025年には6割の日本企業で基幹システムが老朽化すると推計した。ビッグデータや人工知能(AI)を使うビジネスに、多くの日本企業が乗り遅れる恐れがある。

「数十年前に作られたシステムの保守や管理に追われている」。都内で働く49歳の…
2018/10/14 1:31
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36464910T11C18A0MM8000/


続きを読む

【IT】「Python」はハッカーにも人気--Imperva

2018/10/15 13:04:10 | IT | コメント:0件
1 :田杉山脈 ★ :2018/10/14(日) 19:37:56.77 ID:CAP_USER.net
ウェブセキュリティ関連の事業を手がけるImpervaは米国時間9月26日、セキュリティインシデントに関する統計を発表した。それによるとPythonがホワイトハッカーとブラックハッカーに人気のプログラミング言語になっているという。なおPythonは、TIOBEが集計した同月のプログラミング言語人気インデックスで初の3位にランクインしている(1位はJava、2位はC)。

 Impervaは、同社が保護しているサイトに対して日々仕掛けられてくる攻撃の3分の1以上が、Pythonを使って記述されたツール(悪意を持ったツールや合法的なツールを含む)を使用したものだと述べている。

 Impervaは、同社が保護しているサイトの約77%が、1つ以上のPythonベースのツールに攻撃されているとしている。

 また、ハッカーが攻撃に使用しているツールを見ると、その4分の1以上がPythonを使ってコーディングされたものとなっており、攻撃者の間で突出した人気を誇っている。
https://blog-imgs-113-origin.fc2.com/o/u/g/ougijirou/_python-attack-tools-stats.jpg

 Impervaの調査チームによると、「開発者と同様、ハッカーはPythonのメリットを享受しているため、同言語がハッキング用ツールとして普及している」という。

 Pythonのメリットには、構文の把握しやすさのほか、さまざまなオンラインチュートリアルや、膨大な数のライブラリ、出来合いのツールが利用できるPython Package Index(PyPI)やGitHubといったリポジトリの存在がある。

攻撃者が利用する、Pythonで記述されたツールの多くは、合法的なアプリ内で使用するため、あるいはセキュリティ研究者らが自らのシステムをテストし、さまざまな脆弱性の有無を確認するために開発されたものである場合も多い。

 こういったテストツールがGitHubに登録されると、世界中に公開されてしまう結果、ハッカーの目にとまり、当初の目的とは違ったかたちで悪用されるようになってしまうのだ。

 Impervaのデータによると、最も悪用されているPythonモジュールは、「requests」と「urllib」ライブラリだという。この2つは、多くのPythonウェブアプリの要となっている。

 Impervaによると、攻撃者は、「CVE-2017-9841」(PHPUnit関連)、「CVE-2015-8562」(Joomla関連)、「CVE-2018-1000207」(MODX Revolution関連)などの脆弱性を悪用しているという。

 オンラインに公開しているウェブアプリやウェブサーバ、ウェブサイトを運用している人は、GitHubからダウンロードしたPythonツールを使う技術力の乏しい攻撃者にサーバが狙われているものと、心しておいたほうが良い。PythonはJavaのようにさまざまに利用されているが、善人にとっても悪人にとってもJavaより学習しやすい言語であることを考えると、これは驚くことではない。
https://japan.zdnet.com/article/35126329/


35 :名刺は切らしておりまして :2018/10/15(月) 06:24:00.55 ID:XVrohhk2.net
>>1
「出刃包丁」は強盗にも人気


続きを読む

【IT】NTTデータ、COBOLをJavaに変換してシステム基盤を集約するサービスを開始

2018/10/15 10:28:22 | ビジネス | コメント:1件
1 :田杉山脈 ★ :2018/10/14(日) 19:39:46.03 ID:CAP_USER.net
NTTデータは2018年10月11日、COBOLをJavaに変換することによって、システム基盤を1つに集約したりクラウドに移行したりするサービスを提供すると発表した。NTTデータは、COBOLをJavaに移行できるサービス「VENUS(ビーナス)」を提供しているジェイ・クリエイションと、同日付けで協業を開始した。販売目標は、2020年度末までに50億円。

 NTTデータは、COBOLをJavaに変換することによって、システム基盤を1つに集約したりクラウドに移行したりするサービスを提供する。要素技術として、NTTデータが提供するJavaアプリケーションフレームワーク「TERASOLUNA(テラソルナ)フレームワーク」と、ジェイ・クリエイションのマイグレーションサービス「VENUS(ビーナス)」を組み合わせた。

TERASOLUNAは、NTTデータが自社のシステム構築サービスで社内利用している、Javaアプリケーションサーバーのフレームワーク(ソフトウェア開発部品)である。オープンソース(OSS)の各種Javaフレームワークのほか、NTTデータが独自に開発したフレームワークも含んでいる。これを使うことで、JavaによるWebアプリケーションを効率よく構築できるとしている。

 ジェイ・クリエイションが提供するVENUSは、COBOLからJavaへの変換など、各種の開発言語同士の変換や、異なるデータベース管理システム同士の変換、JCL(ジョブ制御言語)やメインフレームのユーティリティソフトを含めてシステム全体をマイグレーションするサービスである。

 今回、NTTデータは、TERASOLUNAとVENUSを組み合わせて、ユーザー企業のCOBOLアプリケーションをJava環境にマイグレーションするサービスをメニュー化した。COBOLとJavaが混在する既存システムの基盤を1つに集約できるようになる。クラウド上でJavaアプリケーションを動作させることで、クラウドへの移行もできる。アプリケーションの再構築(リファクタリング)も手がける。
https://it.impressbm.co.jp/articles/-/16822


続きを読む