ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【IT】ユーチューブ、テレビ番組や映画の配信権獲得へ [無断

1 :海江田三郎 ★ :2015/12/03(木) 15:43:49.89 ID:CAP_USER.net
http://jp.wsj.com/articles/SB11911181872401054173104581392644221334596

 米アルファベット傘下の動画共有サイト大手ユーチューブは、新しい会員制有料サービスの強化に向け、
テレビ番組や映画のストリーミング(逐次配信)権の獲得に乗り出した。ただでさえ競争の激しい動画配信サービス市場で、
米ネットフリックスやアマゾン・ドット・コム、Hulu(フールー)などのライバルとの競争が一段と激化しそうだ。


【IT】フリマアプリ展開のメルカリ、ヤフオク!を利用者数で抜く

1 :海江田三郎 ★ :2015/11/26(木) 11:24:53.92 ID:CAP_USER.net
http://lab.appa.pe/2015-11/mercari-mau.html

スマホで簡単に売り買いが楽しめるフリマアプリを展開し、多くのユーザーの支持を集めている「メルカリ」。
先日第3期決算公告(2015年6月期)にて 売上高42億3700万円を公表 しており、同社の好調さをうかがい知ることができる。

今回は「メルカリ」アプリの月間利用者数(MAU)を、CtoCのECサービスとして多くのユーザーから利用されている
オークションサイト「ヤフオク!」と比較してお届けする。 新規参入する形であった「メルカリ」がどのように成長を遂げてきたのかを考察したい。
まずは「メルカリ」、「ヤフオク!」アプリの月間利用者数(MAU)の推移を2014年1月から追った以下の図をご覧いただきたい

https://blog-imgs-84-origin.fc2.com/o/u/g/ougijirou/_mau01.png

大幅な成長を遂げた「メルカリ」。

青色のグラフが「メルカリ」の月間利用者数の推移を示しており、2014年1月から2015年10月に至るまでに
大幅な成長をしていることが分かる。 (※縦軸の数値は、App Ape Analytics製品版を使用すればご覧できる。ご容赦いただきたい。)

「メルカリ」、「ヤフオク!」を月間利用者数で抜く。
上の図によると、2014年11月にヤフオクをメルカリが月間利用者数をはじめて抜いていることが分かる。
その後もユーザー数の成長を続け、2015年9月に一度ヤフオクに抜かれるも、10月にはまた抜き返している。
ただし「ヤフオク!」も成長率は「メルカリ」ほどでないにしても、月間利用者数が右肩上がりになっている所にも要注目だ。
以下では「メルカリ」の急成長を後押ししたTVCMの効果を検証していく。 先ほどの図にCM放送時期を追加したものを以下に示した。ご覧いただきたい。
https://blog-imgs-84-origin.fc2.com/o/u/g/ougijirou/_mau02.png


TVCMで着実にユーザーを獲得し成長
では順を追って上の図をみていこう。同社は2014年の5月に初TVCMを放送。 CMでは、当時人気であったテレビ番組
「テラスハウス」で若者を中心に人気を集めている菅谷哲也さんと筧美和子さんを起用。 グラフからも大きく利用者数を伸ばしていることが分かる。
2014年11月・12月にはお笑い芸人のダンディ坂野さんを起用したCMを放送。 ここで「ヤフオク!」を月間利用者数ではじめて抜くことができている。

CM効果で1ヶ月で200万ダウンロード増も
2015年3月には同アプリのダウンロードが1100万を突破したのと同時に、タレントの土屋アンナさんを起用した新CMを放送。
その1ヶ月後には 1,300万ダウンロードを突破 したことを同社では発表 しており、CM効果で1ヶ月弱で200万ダウンロードを上乗せした結果となっている。

おわりに
2015年10月に新CMを放映開始したということで更なる成長が見込める「メルカリ」。 今後もApp Apeでは大注目
の急成長サービスとして「メルカリ」動向を追っていくので、ご期待いただきたい。
今回調査に用いたApp Ape Analyticsを利用すればTVCMの効果検証もブラウザ上で簡単に行うことができる。
過去データから最新データまでの推移を追うことができるのも非常に便利だ。無料ユーザー登録すれば、
一部機能を試用することも可能となっている。アプリ関連の担当者には必携のツールと言えるだろう。


【IT】「広告ブロックツールユーザーはお断り」 独ニュースサイトが強気の取り組み、結果は「上々」

1 :海江田三郎 ★ :2015/11/07(土) 16:29:09.86 ID:???.net
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1511/06/news071.html

 独メディア大手のAxel Springerによれば、同社が運営するニュースサイト「Bild.de」の読者に対して
広告ブロック機能を拒否する取り組みが実を結びつつあるという。広告ブロックツールを使用するユーザー
のうち3分の2が、同サイトを使い続けるために広告ブロック機能をオフにすることを受け入れている。
 Axel Springerは3週間前、同社の人気タブロイド紙「Bild」のオンライン版にアクセスするユーザーに対し、
広告ブロックツールを使っている場合は機能をオフにするか、月額料金を支払うかしなければ、サイトの利用を認めない方針を明らかにした。

 同社のマシアス・ドフナーCEOは7~9月期の広告収入増を報告した後の会見で、この試みについて「滑り出しは上々だ」と記者らに語った。
 「こうした広告ブロックツールは業界の形勢を一変させるものにはならないだろうと私は楽観している」と同氏は続けている。
 Axel Springerは最近、ニュースサイトのBusiness Insiderを買収したほか、政府系ニュースサイトPoliticoの欧州版にも出資している。
広告ブロックツールは出版業界の主要な収入源である広告収入を脅かす存在であり、Axel Springerは欧州のパブリッシャーの中で率先してその対策に取り組んでいる。

 オンライン広告をわずらわしく邪魔な存在ととらえるユーザーは少なくないが、アイルランドの
調査会社PageFairがAdobeと共同で発表した調査報告によると、2015年に世界のメディア業界が広告ブロックによって被る損失は220億ドル近くにのぼるという。
 ドイツでは、Webユーザーのほぼ3分の1が広告ブロックツールを使っているとみられており、他の国と比べて高い比率となっている。

 ドフナー氏によれば、Axel Springerはユーザーに広告ブロック機能をオフにさせる試みに成功し、
結果的にBild.deサイトへのアクセス数は300万件増えたという。2015年の1月から9月までの間、
Bild.deのオンライン読者数は平均で29万人となっている。


2 :名刺は切らしておりまして :2015/11/07(土) 16:34:48.35 ID:eMQ070EY.net
>>1
300万件ってUUでなくPVなのかなぁ?
単にページの開きが早くなったからの誤差じゃないの。

29万人で300万件ってw


29 :名刺は切らしておりまして :2015/11/08(日) 14:56:08.14 ID:gz/C/2NR.net
>>1
なら表示にかかるコストをユーザーにも払えよ


【IT】グーグル、個人データを広告へ開放か

1 :海江田三郎 ★ :2015/11/08(日) 14:01:50.40 ID:???.net
http://digiday.jp/platforms/google-fighting-facebook-data-tied-behind-back/

広告業界関係者の間では、ターゲティングに強みをもつとされるFacebook広告の攻勢が、Googleを揺さぶっていると
ウワサになっている。Googleは対抗策として、マーケティング活用に利点のある一方、プライバシー面でセンシティブな「
検索データ」への制約を解き放とうとしているという。

広告主にアカウント情報の照合を認める
とあるデジタル広告のエキスパートはこう説明する。「Facebookは『スーパー・ターゲティング広告』のためならば、
すべてのソーシャルデータを使用することに意欲的だ。しかし、Googleは検索データを広告での利益につなげようとしないことで有名だった」。
「現在は、Facebookのようなプレイヤーが、『Googleのランチ(利益の比喩)を横取りしている』という表現をよく聞く」と、
証券会社サントラスト・ロビンソン・ハンフェリーのアナリストであるロバート・ペック氏は話す。また、今後Googleは競合環境を理由に、
検索データを自由に運用することを正当化できるかもしれないとも付け加えた。
検索データには何かを探しているユーザーの明確な意図(インテンション)が鮮明になる。「自分をよく見せたい」という
心理が働くソーシャルメディアのデータよりも、より有用だとGoogleニューヨークの幹部は語っている。
Googleは最近、FacebookとTwitterが提供しているデータ駆動プログラムを採用した。たとえば、先月Google
がローンチした「カスタマーマッチ」。広告主が保持する顧客メールアドレスと、Googleにサインインしているアドレスを照合し、
マッチングしたユーザーに対して広告を配信するサービスだ。
また2015年10月20日、Googleは「ショッピングインサイト」をオープン。これにより、小売業者は検索ワードのトレンドを知り、Google広告の利用に役立てることができる。

プライバシー保護とFacebookの狭間で
「広告主により多くのデータを開示することで、広告はよりターゲットを絞ることができるようになり、
企業にとっては投資利益率(ROI)が高まる」とペック氏は語る。「そして投資利益率が上がれば、消費も多くなる」。
しかし、このような初期段階を比べると、検索データが広告ターゲティングにもたらす影響はまだまだ小さいと、ほかの情報筋は指摘している。
Googleは検索データを収益化することにとても慎重だ。これはGoogleの主商品に関連する顧客のプライバシーを守るためでもあり、
欧州での訴訟でわかる通り、外部の監視の目も鋭くなってきている。しかし、情報筋によると、Facebookがパーソナルデータを開示することで
、Googleは後に続く口実を手に入れることができるという。
「Googleはいまだ、どうデータを開示するか慎重になっている」と、Googleに近い、マーケティング役員は話した。
「Facebookはマーケターに対して門を開き、より多くのことができるようになった」。
例として「カスタマーマッチ」を見てみよう。「カスタマーマッチ」はGoogleが提供するデータではなく、
企業がどのようなデータをマッチさせるかにかかっている。「ショッピングインサイト」はターゲット広告というよりも、企業に分析結果を提供するためのものだ。


【システム】いまだにものづくりの現場で使われているPC-98の生産設備、Windows環境に移植するサービスが登場

1 :海江田三郎 ★ :2015/11/05(木) 17:21:05.47 ID:???.net
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/mag/15/400480/091800003/

 かつて一世を風靡した、NECのパソコン「PC-9800」シリーズ(以下、PC-98)。
販売は2003年で終了したが、ものづくりの現場では生産設備や計測機器のコントローラーなどとして
今も非常に多くのPC-98が稼働している。そのPC-98を「Windows」パソコン(以下、Windows機)に
置き換えるサービスを、NECの販売特約店である三保電機(本社鳥取県米子市)が始めた(図1)。

IoTにも対応
 このサービスは、PC-98の標準的なOSである「MS-DOS」のエミュレーション環境をWindows機に構築し
、PC-98による生産設備や計測機器の制御をWindows機で再現するというもの*1。ユーザーから見ると、
長年の稼働実績がある制御プログラムをほぼそのままWindows機に低コストで移植できるというメリットがある。
既に、半導体メーカーや半導体製造装置メーカー、鉄鋼メーカー、工具機器メーカーなどによる採用実績があるという。

現状では、「Windows 7」「同8」に対応する。「同10」への対応も検討するという。
 PC-98では、外部機器との接続インターフェースとして、シリアル通信の「RS-232C」、
パラレル通信の「IEEE 1284」(いわゆるセントロニクス仕様)、拡張スロットの「Cバス」などがある。
これらのインターフェースがWindows機でもリアルタイム性を確保しながらきちんと動作するように、
三保電機では各種ドライバーのエミュレーターを独自に開発している。
 三保電機がこのようなサービスを手掛けるのは、PC-98の販売終了から10年以上が経過し、
PC-98の運用が難しくなってきたからだ。従来、ユーザーは主に中古市場でPC-98の本体や回路基板などを入手し、
ハードウエアを交換しながらPC-98を運用してきた。しかし、中古市場に出回るハードウエア自体が減り、そうした
“綱渡り”的な運用に限界が見えてきたのである。

 現在、PC-98は機械加工ラインや半導体製造ラインの他、製鉄所、化学プラントといった幅広い業種・用途で使われており、
その数は「10万台近くに達する」(三保電機東京営業所所長の坂本一登氏)という(図2)。
仮に、PC-98の制御プログラムをWindows環境で作り直そうとすれば、多大な費用や手間が掛かる上、
そのプログラムが動作する保証もない*2。プログラムを作り直している間にラインや工場を止めるというのも
現実的ではない。そのため、前述のようなサービスの需要が高まっているのだ。
これが“一時しのぎ”であることは、ユーザーも三保電機も重々承知している。パソコンに比べて
生産設備や計測機器は耐用年数が長く、20~30年にわたって稼働するものも少なくない。
ユーザーの意向としては、2000年ごろに稼働を開始した生産設備や計測機器が寿命を迎えるまでの
今後10~15年をこのサービスで乗り切り、その間に制御システムの刷新に向けた計画を練っていくことになる。
 三保電機としても、単にエミュレーション環境を構築し、制御プログラムを移行するだけのサービスではなく、
新たな価値の提供を目指す。例えば、IoT(Internet of Things、モノのインターネット)に代表される通信機能の付加だ。
近年、稼働データや計測データをリアルタイムで収集・分析し、生産性の向上などに活用する事例が増えている。
 しかし、PC-98には基本的にネットワーク機能がなく、ものづくりの現場ではスタンドアローン(単体)で動いている。
そのため、制御プログラムを単にWindows機に移行するだけでは、稼働データや計測データをうまく生かせない。
そこで、三保電機はデータを活用する情報システムの開発・構築なども提案していくという。
 こうした付加的な情報システムの開発・構築については、夢工房(本社東京)と協業する。ユーザーによっては、
「プログラムの中身が分からない」「当時の設計資料が残っていない」「技術的な内容やプログラミング言語を理解できる人材がいない」
といった問題を抱えている。そうしたユーザーに対し、夢工房はシステムの開発・保守を支援するための
CASE(Computer Aided Software Engineering)ツールを提供するという。このCASEツールを使うことによって、
もともとの制御システムにネットワーク機能やデータベース機能を付加できる。


≪PREVNEXT≫
プロフィール

二郎

IT業界に努めるサラリーマンが
興味を持ちそうな記事を中心に
まとめています。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事(画像つき)
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
スポンサー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。