ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【フリマ】メルカリの直接会って商品売買できるアプリ「アッテ」が「出会い系」アプリに? 指摘相次ぐ

1 :海江田三郎 ★ :2016/03/21(月) 12:12:56.62 ID:CAP_USER.net
http://www.j-cast.com/2016/03/18261808.html

「変な事に使われる予感しかしない」――。近所の人と直接会って商品やサービスを売買するアプリ「メルカリ アッテ」に、こんな手厳しい意見が相次いで寄せられている。

運営会社は不適切な内容の投稿を削除したり、ユーザーへの警告を随時行っているというが、記者がアプリを確認したところ、
「セフレ募集」「1泊させてください」といった投稿が見つかった。

住所やクレジットカード情報を登録する必要はない
メルカリの子会社ソウゾウ」が2016年3月17日に公開した「アッテ」とは、スマートフォンのGPS機能で位置情報を取得し、近くにいるユーザーと
「会って」商品を売り買いするアプリだ。商品のやり取りは原則手渡しで行うため、利用時に住所やクレジットカード情報を登録する必要はない。
ユーザー同士が直接顔を合わせることを前提としているため、モノの売買だけでなくサービスの取引も可能だ
。ちょっとした頼み事を有料で他人に依頼したり、逆に「××を○○円でやります」と自らのスキルや時間を売りに出すこともできる。

実際のところ、どんなサービスが「出品」されているのだろうか。記者がアプリをダウンロードして確認したところ、

「Web業界の就活相談のります」(500円)
「30分程度でお風呂の掃除お願いします!」(1000円)
「渋谷で欲しいものを代わりに買ってきます!!」(3000円)
といった投稿が見つかった。サービス以外にも、服や家具といったモノの出品も盛んに行われており、実際に取引が成立しているケースも確認できた。
サービス開始からまだ1日しか経っていないが、このようにアプリ内では多くのユーザーで賑わっている印象だ。
――だが、ネット上では「犯罪につながるのでは」と危惧する向きが強い。直接会って取引するというアプリの性質上、
「新手の出会い系になる予感」「援助交際の温床になる」といった指摘が、ツイッターやネット掲示板で相次いで上がっているのだ。
メルカリは以前にも、着用済みの「学校制服」や「体操服」などがフリマアプリに多数出品されていることから、
「ブルセラ化」しているとネット上で話題を集めたばかり。そのため、ネットユーザーの一部からは「ブルセラ販売の次は援助交際か」と皮肉る声も上がっている。

もっとも、アッテの利用規約を見ると、「面識のない異性との出会い等を目的とする行為」「性行為・わいせつな行為等を目的とする行為」
を禁止事項とすることが明記されている。だが、実際にアプリ内を覗いてみると、

「セフレ募集」
「アロママッサージ 練習相手」
「1泊させてください」
といった「出会い目的」のような投稿が複数見つかる。
さらに、「実際に会うこと」をコンセプトとするアッテでは、全てのユーザーが投稿者の位置情報を閲覧できる。アプリ内で氏名や顔写真を公開している
ユーザーも多いため、何らかの犯罪に悪用される可能性も捨てきれない。
こうした問題点について、J-CASTニュースが18日、メルカリの広報担当者に取材すると、
「トラブルに繋がりかねない投稿に関しては、事前に監視を行い、随時投稿の削除やユーザーへの警告を行っております」
と説明した。確かに、上に引用したような不適切な投稿は、時間を置いたあとで再び確認したところ、しっかりと削除されてはいた。
投稿内容の監視やユーザーからの問い合わせについては、約150人が365日24時間体制でサポートを行う、
アプリ「メルカリ」のカスタマーサポートチームと連動して対応しているといい、メルカリは「お客様に安心してお使いいただけるサービス」を強調している。



【フリマ】メルカリ、直接「会って」売り買いできるアプリ「アッテ」を公開 [無断転載禁止]©2ch.net
http://potato.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1458192297/

スマートフォン@2ch掲示板
http://potato.2ch.net/smartphone/


スポンサーサイト

【IT】リッピングソフト「AnyDVD」の新バージョンが公開される

1 :海江田三郎 ★ :2016/03/06(日) 14:49:42.49 ID:CAP_USER.net
http://it.srad.jp/story/16/03/05/1921240/

AnyDVDなどの開発元であるSlySoftが突如Webサイトを閉鎖し、活動を停止したことが先日話題となったが
、元SlySoftの開発者たちが「RedFox」として活動の継続を決定し、AnyDVDの新バージョンを公開している
(AnyDVDの更新履歴、 TorrentFreakの記事[1]、 [2])。

SlySoftはアンティグア・バーブーダを拠点とする会社だが、現地に住む開発チームのメンバーはおらず、
主要な開発者の中には閉鎖を知らされていなかった人もいるという。SlySoftのWebサイトは閉鎖されたものの、
同ドメインで運営されているフォーラム(https://forum.slysoft.com/)はそのままになっており、活発な議論が行われていた。

現在、forum.slysoft.comにアクセスすると、ベリーズドメインの「forum.redfox.bz」にリダイレクトされる。
3月1日にリリースされたAnyDVD 7.6.9.1では、オンラインデータベースがRedFoxのものに変更されており、
アップデートすることで既存のユーザーはこれまで通りAnyDVDを使い続けることができる。
新しいBlu-rayディスクのサポートなど新機能やバグの修正なども行われているが、現時点では新規ライセンスの販売は行わないとのこと。

このほか、CloneBDやVirtual CloneDriveなど、これまでSlySoftが提供していたソフトウェアもすべて
RedFoxが引き継いで提供を行う。ソースコードやサーバーは元従業員たちの管理下にあるものの、
これらの資産を自由に使用できるのかどうかについては不透明な部分がある。ただし、元SlySoftの開発者で
AnyDVD HDのリリースビルドを作成できる唯一の人物だというJames氏は、SlySoftは自分たち(元従業員)に多額の負債があり、
モラル的に大きな問題があるとは思わないと述べているそうだ。
https://forum.redfox.bz/


【ロボ】自動運転の夢遠のくグーグル過失事故、人間、AI…責任は誰に?

1 :海江田三郎 ★ :2016/03/03(木) 09:54:02.48 ID:CAP_USER.net
http://www.sankeibiz.jp/express/news/160302/exb1603020000001-n1.htm

 2017~20年の実用化をめざして米グーグルが開発中の自動運転車が2月中旬、
公道の走行実験中、路線バスと接触事故を起こしていたことが明らかになった。グーグルでは09年から53台の
自動運転車を使って計224万キロの走行テストを実施。17件の事故が起きたが、これらはすべて相手に
過失がある「もらい事故」だった。しかし今回は初めて、自動運転車側の過失で事故が発生。
グーグル側も自ら過失を認め、自動運転用のソフトを変更するなど対策を取ったと説明した。
これまでと異なる“重大事故”で、夢の自動運転車の実用化はまだまだ先になりそうだ。

 米紙ワシントン・ポスト(電子版)やロイター通信などによると、グーグル側が2月23日付でカリフォルニア州
の規制当局に報告。これを受け当局が29日に公表した。

 その報告によると、事故が起きたのは14日午後3時20分。車種はトヨタ自動車の多目的スポーツ車(SUV
)「レクサス」のRX450hを自動運転仕様に改造したもので、グーグルの本社がある米カリフォルニア州の
マウンテン・ビューを走行中、路肩に置かれた砂袋を検知したため、一旦停止後、それをよけるため左に進んだところ、
左後ろから走ってきたバスの側面に接触した

 事故当時、自動運転車は時速3キロ以下、バスは24キロでそれぞれ走行中だったが、万一に備え、
自動運転車に乗り込んでいた技術者1人と、バスの乗客15人にけがはなく、バスの乗客は全員、別のバスに乗り換えて移動したという。
 自動運転車に乗り込んでいた技術者は、後方からバスが近づくのを目視していたが「バスがこちらに気付き、減速するか
停車するはずだ」と思い込んだため、ブレーキは踏まず、自動運転モードのまま走行を続けたため、今回の事故となった
 グーグルは今回の事故を受け、声明を発表。事故の経緯を説明したうえで、「われわれの自動運転車が停止したままだったら
、この事故は起きなかった。原因のいくつかは明らかにわれわれの側にある」と過失を認め、再発防止に向けて、ソフトを交換したことも明らかにした。
 これまでのグーグルの自動運転車の事故はすべて、相手側に過失がある「もらい事故」か運転手(テストドライバー)が運転中の事故だった。

 つまり、自動運転車の技術を含め、グーグル側には問題がなかったわけだが、今回は違う。
 保険業界で長く働き、自動運転車の法的責任の分野の専門家で知られるヒラリー・ローウェン氏はガーディアン紙に対し、
今回の事故が、今後、自動運転車をめぐり頻発する難題の好例であるとの考えを示唆。
 そして「今回はソフトが事故を回避できなかったが、人間が乗っている場合、人間が回避できずに事故が起きることもあるだろう。
そうなれば、今回の場合、自動運転車に乗っていた人か、バスの運転者か、自動運転ソフトか、どこに過失があったかが分かりにくい」
などと問題点を指摘した。
 2月10日付のロイター通信などによると、米運輸省道路交通安全局(NHTSA)は、グーグルの自動運転車が搭載する人工知能(AI)を
連邦法上の運転手とみなす方針を明らかにした。

NHTSAは「過去1世紀以上、必要とされてきた伝統的な意味での『運転手』は、グーグルの自動運転車には不要との主張に同意する」
との見解を表明。そのうえで「次の課題は、人間が運転する車に設けた基準を自動運転車が満たせるということをグーグルが証明できるか、
また、どのように証明するかである」と明言した。
 今回の事故をみれば、こうした証明ができるのは、まだ時間がかかりそうだ。


【IT】ビル・ゲイツ「AppleはiPhoneをアンロックすべきだ」

1 :海江田三郎 ★ :2016/02/24(水) 10:23:54.27 ID:CAP_USER.net
http://jp.techcrunch.com/2016/02/23/20160222bill-gates-says-apple-should-unlock-the-iphone/

Bill GatesはFBIの味方になって、AppleはSan Bernardinoの銃撃犯の電話をアンロックすべきだ、と言っている。
Financial Times誌のインタビューでMicrosoftのファウンダーは、司法省の主張を単純に繰り返す形で、
これは一回かぎりのケースでありFBIは一般的なアンロックツールを求めてはいない、と述べた。

“これは政府が情報へのアクセスを求めている特殊なケースだ”、とBill GatesはFinancial Times誌に語っている。
“何か一般的なものを求めてはいない。特定のケースに関しての求めだ”。

“誰もが電話会社に情報の入手を求められるべきだ、とか、誰もが銀行の記録を取得できるべきだ、
というようなレベルの話ではない”、と彼は語る。“たとえば銀行がハードディスクを紐でぐるぐる巻きにして、
‘私にこの紐を切らせないでください、今後あなたは何度でも私に紐を切らせるでしょうから’、と言っているようなものだ、今のAppleは”。

Gatesの意見は、GoogleやFacebookの役員など、シリコンバレーの多数意見と著しく対照的だ。
後者は、この特定のiPhoneを開けることに対するTim Cookの強硬姿勢を称賛している。

つい昨日、Tim Cookは別の書簡をリリースした。今回はAppleの社員宛てで、その中で彼はFBIの命令が撤回されることを求め、
顧客データを保護するセキュリティ機能を担当している社員たちに感謝している。


【IT】時給12万円近くで引く手あまた、アメリカテクノロジー業界の転職事情

1 :海江田三郎 ★ :2016/01/20(水) 09:41:25.16 ID:CAP_USER.net
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-O17K4CSYF01T01.html

  (ブルームバーグ):ジェームズ・ナイト氏は27歳のコンピューターコーダーとしては、
ちょっと普通ではあり得ない転職を最近果たした。高給の米グーグルを辞めてフリーランスになったのだ。
これで眺望抜群のマンハッタンのオフィスで会社が注文してくれたランチを食べることも、最高の福利厚生を受けることもなくなった。
同氏はこのような犠牲を払っても全然構わない。何しろ、フリーランスになってからの
報酬がグーグル勤務時の約2倍になったからだ。さらに自由度も増した。3月には夫婦でスペインに旅行し、
欧州をあちこちまわる予定だ。その合間にデートアプリや自己紹介のためのアプリなどを作成するコードを書けばいい。

「会社が提供する休憩スペースや食べ物はあきらめても、自分の人生を自分でコントロールしてリスクを負いたい」とナイト氏は話した。
テクノロジー業界では有能なコーダーは引く手あまたで、大手から新興企業まで時給1000ドル(11万7800円)
という高給を支払うと関係者は話す。企業側は優秀な人材を依然として採用するものの、
滞ったプロジェクトの打開や競争力を得る目的で、フリーのソフト開発者に目を向ける。
誰に仕事を頼むかで製品の成否が決まる場合もある。
昨年の春、アーロン・ルービン氏はコンピュータークラウドをベースとする
物流事業の新会社シップヒーローを立ち上げるため、人材あっせんのトップタルを通じてフリーランスのコーダー
を雇い約4週間働いてもらった。「ニューヨークで才能ある人材を3日で探すのは不可能に近かった。自分が知っている
才能あるエンジニアは誰もが就職済みだ」と話した。
ナイト氏のようなフリーのソフト開発者は、いわゆる「ギグ・エコノミー」におけるエリート集団だ。
米労働統計局(BLS)によれば、今や労働者の3人に1人がフリーランスで、その人数は5300万人に達している。
コーダー需要は携帯端末アプリの爆発的増加をもたらした2007年の「iPhone(アイフォーン)」登場以降、
雪だるま式に増えている。その後、ソフトは冷蔵庫から腕時計、アパレルなどあらゆる分野に浸透し、
その基礎となるコードの記述者はますます必要になっている。BLSによれば、ソフト開発者の需要は
14年から24年の間に17%増える見込みだが、これは人材需要の平均伸び率の倍以上。20年までに米国では、
コンピューターサイエンス専攻の学生を100万人上回る情報技術(IT)関連の職があるだろうとBLSは見積もっている。
実際、エンジニアを獲得する目的で会社全体を買い取る大企業も現れた。エンジニア採用を専門とする
人事担当者を置く企業は多いが、適切な人材を見つけるには金も時間もかかりがち。
このため、企業はフリーの優秀なコーダーが登録する人材ネットワークに注目する。
例えばトップタルだ。5年前に抱えていたプログラマーは25人と、顧客とほぼ同数でしかなかったが
、現在では何千人というコーダーを代表するネットワークとなり、
ファイザーやJPモルガンを含めて顧客数は2000を超える。トップタルのライバルに当たる10xマネジメントは
過去3年でコーダーと契約する企業の平均予算は倍になったと指摘した。


NEXT≫
プロフィール

二郎

IT業界に努めるサラリーマンが
興味を持ちそうな記事を中心に
まとめています。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事(画像つき)
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
スポンサー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。